軽貨物運送って
何をするの?

軽貨物運送って何をするの?
という方に、

現場によって違いはありますが
一般的に軽配送ドライバーの1日
の流れは以下のような感じです。

 

 

出勤 8:00

積込 8:10~9:30

朝礼・点呼 9:30~9:45

出庫 9:45~10:00

配達 10:00~16:00(休憩含む)

帰庫・片付け 16:00~16:30

ミーティング・事務作業 16:30~17:00

退勤 17:00~ 

 

ザックリですがこのようなサイクルで
1日の仕事をしています。

それぞれどのような業務内容なのかを
詳しく説明していきますね。


 

出勤

 

出勤してタイムカードを押したらその日に必要なお客様の情報や手続きに使う書類を持ち出します。

余裕を持って出勤するのが1日をスムーズに終わらせるコツ。

積込が始まった途端にバタバタするから、時間ギリギリだと何にも準備ができません。

そうすると配送中のトラブルの原因となります。

「遅刻になりそうで焦っていたら事故を起こしてしまった」なんてこともこの業界だと珍しくありませんので。

朝は要注意ですね。

 
 

積込

 

当日に配送する商品の積込をします。1つ1つ手作業で積込をするので、
「商品の破損」や「怪我」には細心の注意をはらいながら作業しています。

配送が効率良く進められるように、自分が取り出しやすいように積むのがポイント。

積込の順番を少し変えただけで配送のスピードが変わるなんてことも良くあります。

この仕事で1番忙しい時間なので、雰囲気としては結構ピリピリしてることが多いですね。

 
 

朝礼

 

朝礼では「その日に気を付けなければいけないこと」「過去の事故事例」などを共有します。

毎日同じような配送をしているように見えると思いますが意外と細かなルールがあり、ちょくちょく変更されますので。

そのため朝礼にて皆で共有してミスを事前に防ぎます。

配送中の事故は1番のトラブルです。

商品もそうですが、何より人の命に関わることなので、配送会社では毎日事故に対しての注意喚起を欠かしません。

 
 

点呼 (出庫時) (帰庫時)

 

配送に出るまえは運行管理者に「体調」「アルコール検査の結果」「当日配送する地域」などを報告します。

ここで問題がなければ出庫できます。

しかし前日にお酒を飲み過ぎて検査機に引っかかったり、免許を忘れたりすると出庫できません。

「そんなことあまりないのでは?」って思うかもしれませんが、これは配送業界あるあるです。

お酒が好きな人や忘れ物が多い人は始めのうちは気を付けたほうが良いかもしれませんね。

 
 

配達

 

仕事時間の7~8割は配達の時間です。「運転」「商品のお届け」「お客様対応」がメインとなります。

配達ルートさえ覚えてしまえば、自分のペースで仕事ができるようになります。

時には重たい物を運ぶことがありますので、台車を使ったり数回に分けて運んだりして負担を減らします。

お客様対応では商品の受注書や個人情報を書いた紙を預かることもあるので、荷台ではなく運転席に貴重品として保管しています。

天候に左右されやすいので、雨具を使って商品を運ぶこともあります。

暑さが厳しい時期には塩飴を支給して体調管理にも気を配ったりしますよ。

休憩は配達のキリが良いところで取るようにしています。

コンビニで配送会社の車を見掛けることがあると思いますが、ほぼ休憩中と言えるでしょう。

 
 

帰庫・片付け

 

配達が終わり会社に戻ってきたら、次の積込がしやすいように車の中を整頓します。

他のドライバーも続々と戻ってきます。

配達が終わった後なので、朝とは違い和気あいあいとした雰囲気の中で片付けをしながら
「今日こんなことあってさ~」みたいな話をするのも配送業界あるあるです。

ドライバー達の朝とは違った一面が見られるので苦手な人とコミュニケーションをとるならこの時間がおすすめ。

頼れる人を見つけられることもありますので。

片付けのポイントは「配達と関係のないものは全て降ろす」こと。

余計な物を積みっぱなしにしていると、後でトラブルになりやすいのでその日の内に片付けることを意識するようにしてます。

帰庫したら点呼をしますが、朝とは違い「その日あった出来事」「道路状況」の報告が必要です。

現場の情報を得ることで、トラブル防止や事故の削減などにつながります。些細なことでもメモをして報告するのが鉄則です。

 
 

ミーティング・面談

 

毎日ではないですが、定期的にコミュニケーションを取る時間を取って意見交換をできるようにしています。

配達は1人で行うことがほとんどなので、ミーティングや面談の時間がないと会社の意向が伝わらなかったり、
ドライバーの抱えている悩みなどがわからなかったりするためです。

ミーティングでは数名から数十名いることもあるので、言いたいことが言いにくいかもしれないですが、面談なら1対1です。

1日のほとんどを1人で仕事していると不満が溜まりやすいので、上司にしっかり相談すると気持ちが楽になります。

上司もドライバーの悩みを聞くことには慣れっこなので、心配は無用です。

遠慮なく悩みを伝えたのが気持ちよく仕事するポイントです。

 
 

事務作業

 
当日預かってきた受注書や個人情報の提出や次の配達時に必要な物を準備します。

他のドライバーと一緒に事務作業を行います。例えて言うなら「自習時間」のような雰囲気と言えるでしょう。

配達と違って時間に追われているわけではないので、割と気が楽に仕事ができます。

天候が悪かった日なんかは事務所に入るとほっとします。

時には報告書やお客様への簡単なお知らせを作成することもあります。

普段、配達をしているので小難しく感じることもありますが、
配達と違って1人で作業しているわけではないので、周りの人達と協力しながら作業ができるから安心です。

次の配達の準備を事務作業の時間にしっかりやっておくのがポイント。朝になって慌てなくて済みますからね。

 
 

退勤

 

事務作業が終わったらタイムカードを押して退勤します。

タイムカードを押した瞬間に緊張感がなくなり解放されます。仕事をしていて1番ほっとする瞬間ですね。

仕事が終わったあとは仲の良いドライバー同士でご飯を食べに行くことや遊びにいくことも。

それが楽しみで仕事を頑張れる時もあるぐらいです。

ただ「家に帰るまでが遠足」と言われるように家に帰るまでは仕事です。

配達中は会社の看板を掲げているから緊張感がありますが、配達後は自分で思っているよりも疲れているので、
事故や怪我、またはトラブルなどは起こさないように気をつけています。