新人ドライバーへの
アドバイスは?

軽配送のドライバーをしてみたい、
または興味がある方への
アドバイスです。

 
 

 
 

達中の休憩はとっても大事

入社して間もない頃は、経験も浅いため時間通りに配送できることが少なく「とにかく終らせないと」と焦ってしまいがちです。

そんな時に「休憩を取らずに配達しよう」と考えることはやる気があって良いですが、逆効果になる可能性が高いです。

配達中は「運転中の安全確認」「商品を丁重に扱う」「貴重品を管理する」といって、いろいろなことに気を使っています。

そのため休憩を取らずに配達を続けると、気づかないうちに疲労が溜まって「事故」や「ミス」を起こしてしまうリスクが高まります。

私も休憩時間がもったいないと思ったことがありますが、休憩をしっかり取ったほうが意外と効率良く配達できます。

また昼食を取ると、眠気や集中力の低下を防いでくれるのでしっかり昼食も食べましょう。
長く健康に働きたいですからね。最初は、時間の遅れは気にしなくて大丈夫です。
 
 

スをしても
いちいち気にしない

全く気にしないのは少し困りますが、最初は誰でもミスをします。ミスをしたら誰でも気にすると思いますが、配達は一人で続けなければなりません。
気持ちが落ち込んだまま配達をしていると、より大きなミスに繋がってしまいます。

自分を責めるのはほどほどして「小さいミスで良かった」と思うぐらいの気持ちが大切です。
そのかわり会社に戻ったら同じミスをしないようにしっかりと対策をしてくださいね。
同じような経験をしている人も多いはずなので、先輩に相談するのもいいかもしれません。

あとミスは必ず上司に報告しましょう。
 
 

込や翌日の準備を大切にする

「準備が8割」「仕事が2割」なんて職人さんがよく言いますが、配達もまさにその通りです。朝は皆忙しいのでバタバタしたなかでの積込です。

だからといって適当に荷物を積んでしまうと、現地に行って苦労します。
積込の時間は限られていますが、時間が足りない場合は出庫を遅らせてでも、やりやすいように手直ししたほうが効率よく配達ができます。

あと、事務作業の時間は大切にしましょう。
分からないことや配達中にお客様に聞かれたことは、必ずその日のうちに解決して、次の日の準備もしっかりしてから帰りましょうね。

配達で疲れているのはわかりますが、しっかり準備をしないと「新しくお伺いする予定があったのに書類を見落として行けなかった」なんてこミスも起こります。
書類に目を通すのは数分で済みますが、クレームとなれば半日掛かることもありますので。

それと積込の時間は、社員が1日の中で大勢集まる唯一の時間なので、ここで周りの人達をフォローできるようになると困った時に助けてもらえますよ。
 
 

客様とのコミュニケーションは仕事とは関係のない会話をすると良い

「配達は大丈夫だけど、接客となるとちょっと…」という方もいますよね。
お客様対応に苦手意識がある人は「今日も暑いですね」のように何気ない一言を添えるだけでも、大分話がしやすくなりますよ。

中には気難しいお客様もいるので、判断することは必要ですが、大体は返答してくれます。
無理に作り笑いや大きな声を出すより効果があるので接客に自信のない方は試してみてください。

最初の内は、配達が遅れがちになるので「慣れないと大変だよね」と高確率で言われます。
そんな時は「そうなんですよ、慣れるまでご迷惑おかけしますが、頑張りますので宜しくお願いします」と言うと、お客様との距離が一気に近くなりその後の配達が楽になります。
 
 

分だけが大変だと思わない

配達の仕事は一人で行うので、どうしても仕事の大変さが自分のものさしでしか測れなくなります。
結果「自分ばかり大変だな…」と思ってしまいがちです。

特に最初の頃は「積込のスピード」「帰庫時間」でしか自分と周りの人を比べることができないので、
自分の遅さが目立ってしまい、なんだかすごく大変なように感じますが、みんな最初は同じです。

周りと比べるのではなく、自分のペースで仕事をするよう心掛けましょう。そうすれば変なプレッシャーもなく落ち着いて仕事をすることができます。
 
 

司に相談する時は
冷静に話すと効果がある

配送業界あるあるですけど、一人で仕事をする時間が長いせいか、従業員は自己主張をよくするようになっていきます。

「入社した時はおとなしそうだったのに…」というのも珍しくありません。
ただ、私もそうでしたが「自分が楽をしたい」ということを前提に上司に相談してしまうと、感情的になってしまい「自分の言いたいことが言えなかった」という結果になりがちです。

配達業界はなかなか大変なので不満が溜まりやすいですが、「お金を貰って働いている」というのを忘れずに、しっかりと疑問をぶつけて解決できるように話をしましょう。

上司の人は現場を経験していることが多いのでしっかりと伝えればわかってくれます。そうすればお互いの信頼関係も生まれてより働きやすくなりますよ。
 
 

酒は控えるようにする

「これを飲まないと1日が終わった気がしないんだよな」という気持ちは分からなくもないですが、最初はお酒を控えましょう。

次の日が休日であれば問題ありませんが、実はお酒を飲むと睡眠が浅くなり、次の日の仕事に影響します。
そうすると時間が経つにつれて疲労が溜まってしまい、配達をするのが憂鬱になってしまいます。

お酒が好きな人はちょっと辛いかもしれないですが、お酒を辞めると身体も少し楽になるので、一通り仕事を覚えるまでは控えることをお勧めします。

私もお酒が好きですが、次の日が仕事の時は飲まないようにしています。